ご挨拶

新しいものが私たちの仕事は、"ご家族の想い"や"ご家族・その家の持つ歴史"を基に、お施主様が思い描く以上のものを考え創り、形にすることです。愛着を持ち、長く住み繋げてもらえる家づくりを常に心がけています。
家造りの段取りは、国産材の原木を目利き購入し、製材することから始まります。家を建てる環境に近いところで育った木材を使用するのは、気候風土に合う建物を造り、より長く使い続けてもらうためです。

そして、"手刻み"にもこだわりを持っています。先人から受け継いだ大工技術を大切に、一本一本、木の顔や癖を見ながら墨付けをし、職人の手で加工し材を造り出しています。お施主様に工場にお越しいただき、使用する材を説明しながら、実際に柱や梁に触れていただいたりもします。

またこれからは、残された古民家の再生・再築、古材の利活用にも注力したいと考えています。古民家という日本の文化、そして大工技術を次世代に継承していくことが私たちに与えられる大きな使命です。丁寧に、しっかりしたものを造る。職人の熱い思いと技術を建物に宿していきたいと思います。

代表 森本 真弘

投稿日:

Copyright© ハンドプレカット福井工場 , 2018 AllRights Reserved.